創造性発現のカギとは?

今日はミンデル博士のプロセスワークセミナー2日目。何もせずに人間関係を創る、つまり、無為でありながら人間関係を創るということをテーマにお話を聞いたり、ワークを行っていった。

さて、そんな中、今日の気づきは表題にもある「創造性発現のカギ」について。セミナーを受けながら考えを巡らすうちに、今までぼんやりと感じていたことが言語化できるようになった。

結論から述べてしまうと「創造性発現のカギ」は「自己(の執着)を手放すこと」にあると言ってしまって良いと思う。そもそも創造性は自己の中だけに留まっているものではない。世界全体に創造性の種はあって、それが自分という身体を通して発現されているに過ぎない。一方、既存の思考・概念で、器としての自己が一杯になっていたり、新しいものを通す余裕が無かったりすると、創造性は発現されない。

よって、創造性を発現しやすくするためには、自己を手放したりして、器をクリアにしていくことがカギになると考えている。この中で、プロセスワークは、器をクリアにすることというよりも、先のフェーズである「世界と自己を繋げ、創造性を発現させる」段階でより効果を発揮するものだろう。ある程度自己をクリアリングしていないと、プロセスワークで扱う、目に見えない領域を感じ取ることがそもそも難しいからだ。

以上、2日間のセミナーを通しての気づきの整理を書いてみた。相変わらずセミナーの内容はほとんど分かっていないが、今日の気づきは本を読むだけでは到達が難しい領域であったと思うので、参加している意味はそれなりにあるのかもしれない。

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ