一冊の本との出会いで人生は変わる

今日、作家の山崎豊子さんが亡くなられたというニュースがあった。僕は山崎豊子さんの作品、特に『白い巨塔』に大変影響を受けたので、とても残念な知らせだった。

白い巨塔』という作品を知ったのは2003年版のドラマを観たことがきっかけだった。当時高校3年ということもあり、将来のことに思いを巡らす時間が多く、「これから自分は何をして生きていくべきなんだろうか?」ということをよく考えていた。

そんな中、このドラマ、そしてその後に読んだ原作の小説から「どう生きるべきなのか」「どんな風な想いや哲学を持って働くべきなのか」ということに対して、一つの理想の形を観た感覚があった。この感覚は今でも変わっていないし、どこか自分の軸の一つになっていると感じている。

「一冊の本との出会いで人生は変わる」という言葉がある。たかが一冊の本、だけど、そこから創られる人生もある。僕はこの言葉が、真実であると身をもって証明することができる

人生を考える重要な時期に、この作品に出会えたことを本当に感謝しています。

 

■2003年版ドラマ『白い巨塔最終回』

 

新潮文庫「白い巨塔 全5巻セット」

  • 作者: 山崎豊子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/01/10
  • n class=”hatena-asin-detail-label” style=”margin: 0px; padding: 0px; border: 0px; outline: 0px; vertical-align: baseline; background-color: transparent;”>メディア: 文庫
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ