真の変革は「自分が変わる」⇒「周囲が変わる」⇒「結果が変わる」というプロセスをたどる

先週の週末は「チェンジ・オリジネーター養成講座」のスタッフとして、両国の国際センターファッションビルにて2日間を過ごしました。

 

このワークショップは、
MITスローン校経営学部上級講師であるC・オットー・シャーマー氏が提唱し、
世界中で注目・活用されている変革と創造の理論「U理論(Theory U)」を個人の変容に応用したもので、2日間を通じて、U理論のプロセスが体験できるようにデザインされています。
 

でも、このワークショップ、ある意味パワフル過ぎるので、安易なお勧めは、敢えてしてきませんでした。

しかし今回参加してみて分かったこととして、
講座の内容がこれまで以上に洗練されていて、気軽に、というと語弊がありますが、
こういうものに少しでも興味のあるというレベルであっても、自信を持って、お勧めできると感じました。

このワークショップに参加することで、「相手を変える」というアプローチが、実は無力であり、真の変革は「自分が変わる」⇒「周囲が変わる」⇒「結果が変わる」であることを体験的に掴むことができます。

 

僕も仕事柄、たくさんのワークショップを企画したり、参加したりしていますが、
2日間でここまで劇的な変化を遂げる参加者の方がいらっしゃるワークショップは、お目に掛かったことがありません。

スタッフとして参加した僕であっても、2日間の中で様々な気づきがあり、
実際に今日の段階でも、思いもよらぬ変化が訪れていて、驚いています。

と、なんだか宣伝めいてしまいましたが、もしご興味をお持ちの方がいればぜひ参加してみてください。次回は7月開催です。

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ