セールスのあるべき姿とは?

今日は日頃の仕事の中で気づきがあったので、それを取り上げてみる。

さて、その気づきというのは日頃の営業活動について。最近の営業では、コンサルティング的に提案をすることを心掛けていて、担当者との日頃のコミュニケーションで勝負するというより、提案そのもので勝負をしようという意識が強かった。この意識が無意識のうちに強くなっているということと、その弊害に今日気づいた。

 
その弊害とは、ついついバランス感に欠けてしまうこと。僕の悪い癖でもあるのだが、無意識のうちに「良い提案をしているから大丈夫だろう」という甘えた気持ちがどこかに出ていて、対人とのコミュニケーションがどこか手薄になっていた。僕はふだんでさえ、コミュニケーションが上手くないので、ここに気を払っていないことは非常に危険なことだ。以前にも書いたスランプの陰には、これも影響していたのかもしれない。

 

きっと売れるセールスは、人とのコミュニケーションを土台にしつつ、鋭い提案をしている。鋭い提案が先に来るのではなく、「相手のためになる」ということが優先される。この姿勢はセールス以前に、プロフェッショナルの基本である。

 

自分にとっては「相手のためになる」を日頃のコミュニケーションに反映させることは課題でもあるので、これを機に一段と深めることとする。

人を動かす 新装版/創元社
¥1,575
Amazon.co.jp

斎藤一人の人を動かす/PHP研究所
¥1,575
Amazon.co.jp

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ