いかに愛着障害を克服するか①「親との関係を改善する」

今回のエントリーは「人は誰でもどこかしらメンヘラの要素を持っている」の続きもの。前回触れた『愛着障害』における愛着障害の克服について考えてみたい。

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)

僕はおそらく愛着障害というレベルには至っていないが、父との関係に少し抵抗がある。おそらく昔かなり怒られながら育てられたので、その時の感情が残っているのと、お互いあまり人間関係の構築には長けている訳ではないので、抵抗のある関係が継続してしまっているのだろう。

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ