失敗を隠したいと思う理由にこそ、成長のカギが隠れている

僕は自分の失敗談を話すのが苦手だ。だからだろうか、鮮やかに過去の失敗談を話している人を見ると、とてもうらやましく感じる。

そもそも、失敗談を話すことに抵抗を覚えるのは、失敗した自分をどこかで認めたくなかったり、許していない面があるからなのだろう。

失敗を表に出すことを妨げている理由にこそ、成長のカギが隠されているのかもしれない。「何が自分を妨げさせるのか?」これからは、抵抗を感じる瞬間に自分に問い掛けてみたい。

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ