感情の動きを記録する

今日は鮒谷さんセミナー2日目。

最も印象に残ったことは、「感情の動き」から変化が始まるということだ。人が主体的に変化するには、どこかのタイミングで「変化したい!」と思わせるきっかけが必要である。

もっと具体的には、自分の中に起こる「このままじゃまずい!」か「こうなりたい!」という声が源になる。

しかし、この声、もちろん目に見えないし、意識化もしにくい。絶え間なく流れる川のようなものである。

だから、日常の中に流れやすい「感情の動き」を深く自分の中に刻み込むために、記録をして、目に見えるようにする、思い出せるようにすることが大切になってくる。

もちろん、このブログもその記録媒体の一つだが、外から来る自分のアンテナに引っ掛かる情報をタイムリーにキャッチしていくため、以前作成したフェイスブックページを再度始動させることにした。これからどんどん更新していきたい。

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ