「読書レビュー」の記事一覧

読書中級者向けのシンプルかつアウトプット志向の読書法〜アクションリーディング〜

先日出版された赤羽雄二さんの『アクションリーディング』を読みました。 アクションリーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書” 作者: 赤羽雄二 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発・・・

おすすめ本紹介ページをつくってみました

クリーン・ランゲージのセッション募集のページ作成と合わせて、ブログのカスタマイズを行いました。 ずっとやりたかったものの放置になっていた、おすすめの本を紹介するページを作成してみました。お手すきの際にでもチェックして頂け・・・

成功哲学が嫌いな人こそ読んでほしい成功哲学の本

先日、素敵な本に出会いました。その本とは「あたえる人があたえられる」です。   あたえる人があたえられる 作者: ボブ・バーグ,Bob Burg,ジョン・デイビッド・マン,John David Mann,山内あ・・・

成功する「与える人」と燃え尽きてしまう「与える人」の違いはどこにあるか?〜「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」を読んで〜

以前、注目されたビジネス書に「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」(以下本書)という本があります。 GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本) 作者: アダムグラン・・・

探究心をくすぐられる読書会に参加してきました

今日、大変おもしろい読書会に参加してきました。 その名も「エッジの立った本おすすめ会」です。 この回、クローズドな会でして、主催されたのが松尾美里さんという方です。 以前僕がインタビューして頂く機会があり、そこからのご縁・・・

「すべてが繋がっていること」を掴める1冊

先日のアクティブホープワークショップに向かう新幹線の中で、喜多川泰さんの新作『ONEWORLD』を読みました。喜多川泰さんは僕が著者買いをするお一人なのですが、今回も大変素晴らしかったです。 One World 作者: ・・・

週刊読書レビュー~2014年5月2週~

今日はいつもと趣向を変えて、読書レビューです。以前やっていた週刊読書レビューを復活させてみました。今週は2冊ご紹介してみたいと思います。   愛と癒しのコミュニオン (文春新書 (047)) 作者: ・・・

これから求められていく企業のあり方とは?〜世界でいちばん大切にしたい会社を読んで〜

今週の土曜日に行う読書会に先駆けて「世界でいちばん大切にしたい会社」を読みました。自分が扱うということもあり、多少のバイアスは入っているとは思うものの、とても良い本でした。直感で選びましたが、その選択は間違いでは無かった・・・

自己を観察するということ

この冬休みを活用して、クリシュナムルティを集中的に読み始めた。意識の専念を普通の読書以上に要するため、ゆっくりと読み進めているが、一気に読むと理解度が格段に上がる。これまで何度かチャレンジしては挫折していたが、今度はどう・・・

冬のKindleセール 厳選おススメ本7冊

アマゾンで Kindle本 冬のセールをやっているのを見かけた。冷やかしがてら見てみると、意外と良い本が多い。 というわけで、今回は自信を持っておススメできる本、つまり既に読んだことがあって、かつ素晴らしかった本に絞って・・・

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ