「コミュニケーションスタンス」の記事一覧

成功する「与える人」と燃え尽きてしまう「与える人」の違いはどこにあるか?〜「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」を読んで〜

以前、注目されたビジネス書に「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」(以下本書)という本があります。 GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本) 作者: アダムグラン・・・

人間関係は日々整えていくもの

先日「関係コンディショニングプラクティショナー養成講座」のスタッフとして講座に参加してきました。以前は受講者として参加してきましたが、この分野をもう少し深めていきたいという思いから、再度参加したという次第です。 この講座・・・

NVC(非暴力コミュニケーション)を学ぶ その1

今日はこちらのイベントに参加してきました。そもそもタイトルにある、NVC(非暴力コミュニケーション)というのは、感情の奥にある「ニーズ」と言われる願いを受容し、そこからコミュニケーションを図れるようになるためのあり方とス・・・

相手の反応的言動に反応しない

前回に引き続きオリンピックネタ。今日取り上げるのは例の森元首相の発言。 実は、最近個人的にテーマにしている「相手の反応的言動に反応しない」ということに極めて親和性の高い話題だったのでピックアップしてみた次第だ。 まず「相・・・

評価・判断のためではなく、理解するために質問する

最近心掛けていることの一つに「評価・判断のためではなく、理解するために質問する」ということがある。 当たり前といえば当たり前だが、忙しかったりして「情報処理モード」になっていると案外、評価・判断を前提にしたコミュニケーシ・・・

愚かな人とは自分が見えていない人である

今、「暇と退屈の倫理学」という本を読んでいる。今日はその中の一節を紹介したい。 暇と退屈の倫理学 作者: 國分功一郎 出版社/メーカー: 朝日出版社 発売日: 2011/10/18 メディア・・・

事柄だけでなく、感情にも意識を向ける

今日は年明け初めての営業だった。最近、積極的に同行を依頼していて、今日もベテランの人に同行してもらった。その際にアドバイスを頂いたので、今回はそれを題材にしたい。 そのアドバイスとは「もっと可愛げのある所を見せた方が良い・・・

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ