2014年に注力したい3つの分野

昨年のうちに目標設定を済ませることができたので、今年の年初はその目標に向かっていくための「システム化・仕組みづくり」に時間とエネルギーを費やしている。

昨年はここにあまり注力していなかったこともあり、目標の持続性と達成度に難があった。今回はこの反省を活かし、試行錯誤しながらシステムを作り上げていきたいと考えている。

今年特に注力したい分野は3つ。 

  1. 人としての成長(在り方・やり方)
  2. 専門分野の基礎完成(人材育成・組織変革の基礎セオリーの構造化・体系化)
  3. 事業づくりに向けた土台形成

1の「人としての成長」はスキルアップよりも、人としての器や在り方の拡大に注力したい。正直ここ数年はおざなりになっていた。でも、やっぱり器や人格に応じたチャレンジが来るものだ。

2については、使いこなせるというイメージだ。今は「知っている」「分かっている」というレベルで、日常において自由に「使いこなせる」というレベルではない。ここをきちんと確立したいと思っている。また、専門分野の学習を加速させるという意味合いで、英語学習の優先度をかなり上げる。

3は、事業家・経営者としての土台づくりになる。企業にいたとしても、自ら価値を創れる人になる必要がある、というのが持論なので、純粋にもっと学びたい。この分野は本を読むというよりも、人に会いに行くということをやってみる。

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ