アスピレーションを育む

先日、とある方からこんな話を聞きました。

「アスピレーションというのは、ミッションやビジョンよりも、もっと内的なもので、頭を使って考えるというより、自分の内から湧き上がってくるようなもの」

学習する組織の中で、アスピレーションは「志」と訳されています。僕の中ではミッションやビジョンだけではない何かもっと内なるものがあると、どこかでずっと感じていたのですが、それがアスピレーションであるということが、この話を聞いて腹落ちしました。

アスピレーションはとても微細なもので、自分自身をアスピレーションが宿る器として丁寧に育んでいくことがカギになりそうです。

「いま自分にあるアスピレーションは何か?」と常に問いかけ、それを源に行動を起こしていくことが、アスピレーションの発現であり、アスピレーションを育むということに繋がるのかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ