生命の根源に出会うチャクラセラピー

先日、「チャクラセラピー」なるものを受けてきました。とても貴重な体験であったので、その体験を記しておきたいと思います。

今回お世話になったのは「からだはうす」の高橋実さんです。

 

「チャクラセラピー」とは?

まず「チャクラセラピー」とは何か?についてです。以下が概要です。

 

生命エネルギーの仕組みを呼吸を通じて体験的に理解するための一日ワークショップです。

独自の呼吸法(深く速い呼吸)と喚起的な音楽、ボディーワーク、アートセラピーを組み合わせ、 日常意識より深いレベル(変性意識状態)の気づきを促します。

音楽に合わせて深くて速い大きな呼吸をすることで、心身のエネルギーを活性化させ、気血の通路を浄化していきます。

このチャクラブレスはからだとこころに大きな影響をもたらすと同時に自己治癒力を高めていく強力な呼吸法です。

1)硬く緊張している筋肉がほぐれ、疲れが取れる。

2)これまで抑えこんできた感情(怒り、悲しみ、恐れなどの)が解き放たれる。

3)感覚が繊細になり、自分の感性の豊かさに気づく

4)過去の記憶や潜在的なイメージがヴィジョン(映像)となって浮かび上がる、等などです。

こうした体験をすることにより、呼吸が楽になり前向きに生きる気持と自分への納得、充実感が得られるようになります。(以上、からだはうすさんのウェブサイトより引用

 

中心となっているのは「呼吸」です。ただし、通常僕たちがしているような呼吸ではなく、変性意識状態に導くための特殊な呼吸法を用います。

実際の講座では、ただ体験するだけでなく、高橋さんから30年の実践を経た上での講義があり、頭でも理解をした上で体験することができます。

 

体験してどうだったのか?

結論からお伝えすると、とても濃密で深い時間でした。1日のワークショップで今回ほど深い意識状態に入った体験は生まれて初めてでした。

ここから先は僕なりの体験なので、参加した皆さんが必ずこうなるというものではないと思いますが、自分の備忘の意図も含めて記しておきます。

今回のワークショップで最も印象深かったのは、これまでに出会ったことのない「絶対的な孤独と寂しさ」に触れたことでした。

この感覚は、変性意識状態に入り、様々な感情を味わい尽くした先に突然と現れました。

 

今回出会った「孤独感」とは?

僕はもともと「孤独系」のメンタルモデルを持っていて、それが人生の様々な局面で影響を与えたことは自覚していました。しかし、それは「人とうまく関われない」「コミュニケーションが思うようにいかない」「恋人を作らない」など、どちらかというとDoingに関するもので、しかも最近は受容できる器が出来ている感覚があり、どちらかというと気にならなくなっていました。

ただ、どこかで「孤独感」が抜けずにすっきりしない感覚も抱いていました。「マシになってきているはずなんだけど、まだ見えていない領域がありそうだ。でもそれがうまく認識できない」そんな感覚です。

その正体に今回のチャクラセラピーに参加することで出会うことができました。それが冒頭に記した「絶対的な孤独感と寂しさ」でした。

 

いままでの孤独は人と共有したり、人と一緒にいること、自己を受け入れることなど、やることをやれば解消できる感触がありました。ただ、今回出会った「孤独感・寂しさ」は「そもそも生まれたことで生じてしまった孤独感」「人類すべての悲しみと寂しさ」のような感覚です。その時に浮かんできたビジョンは「地球上にたった1人だけで生き続ける」というものでした。正直に言ってあまり人に理解される感覚はありません(これも「孤独感」の成せる業かもしれませんが)

こう書くと、あまり良かった体験では無いように感じられるかもしれませんが、実際はとてもすっきりした心地でいます。それは紹介文にも書かれていた「自分への納得」ができたからです。今回感じた「孤独感」は「僕の人生すべてを裏で描いている源」でもあります。今まで薄々感じていたけれどうまく認識できなかった正体不明の存在を認識することができた、それが自分への納得感を生んでいます。

 

この感覚に自分だけの内省や心理的なアプローチを取るワークショップで出会うのは困難だったと感じています。身体に直接、かつ、深くアプローチしたからこそたどり着いた体験でした。

場や自分自身や扱いたいテーマへのある程度のコミットを持った上で参加することをおすすめしますが、それがあるのであれば、安心・安全な中で深く自分と対話ができる稀有な場です。今まで出会えなかった「何か」に出会えるかもしれません。

 

最後に、からだはうす」を開かれている高橋さんの著書をご紹介します。今回参加した「チャクラセラピー」についても記されています。興味のある方はぜひ手にとってみてください。

自分探しの呼吸法

自分探しの呼吸法

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ