自分がどう価値を発揮できるかを言語化しておく

先日、とある人から、仕事への取り組み姿勢を再認識させられるお話を伺いました。

というのは、その方の会社では、大型受注があると皆でお祝いをするそうです。ここまではよくある光景かもしれないのですが、ここからが普通の会社とは違います。

お祝いの後に「で、いったいどうやって金額以上の価値を発揮するんだい?」という会話がなされるらしいのです。しかも、別に嫌味とか、そういう雰囲気ではなく、ごく当たり前の会話として交わされるみたいです。

「こういう仕事の仕方ってカッコいいな~」と、この話を聞いた時に感じました。そして、更にカッコいいあり方としては「こうして価値を発揮するんだ!」ということがスムーズに答えられた時でしょう。(ここまでしているかまではお聞きできませんでしたが。。。)

もちろん、人=お金ではないので「金額以上の価値を発揮すること=その人の価値」になるとは思いませんが、仕事への取り組み姿勢としては、大事なことかと思います。

自分がどう価値を発揮できるかをいつでも言語化できるようにしておく、持っておきたい姿勢の一つです。

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ