物語の型の探究~ヴァージンとヒーロー~

最近はまっているのが、神話の研究だ。きっかけはこの本を読んだこと。従来のヒーロー型のストーリーには該当しない物語の型を「ヴァージン」と名づけ、分析している本だ。そもそもは、人や組織の普遍的な変容・成長パターンを研究するために読み始めたのだが、神話の構造そのものが非常に興味深い。

新しい主人公の作り方 ─アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術

 

 

f:id:dai_60:20131208222638p:plain

 

ちなみに、ゲームでの例えは僕が付け足した。FFとドラクエがここまでキレイに分かれるのは興味深い。だからこそ2大RPGとして共存したのかもしれない。

僕はこういうパターンとか、構造を解き明かしたり分析したりするのが好きなので、この手の本を読むのがとても楽しい。(読んでみて分かったことだけど。。。)

冬休みは「神話構造研究」に没頭したいと思う。

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ