「自分が正しい」というメンタルモデルが表すもの

今日は知り合いの方にコーチングセッションをしてもらった。内面をじっくり探っていくタイプのもので、様々な気づきがあった。

その一つが「自分が正しい」というメンタルモデルの発見だった。コミュニケーションをもっと円滑にしたい、という願望をきっかけに深堀していったところ、コミュニケーションが上手くいっていない時、「自分が正しい」と相手を説得しようとする傾向があることに気づいた。

そして、これは「相手に否定されるのが怖い、という自分の恐れ」から生み出されていることも分かった。

自分が否定されるのが怖い→だから、「自分は正しい」と相手に証明しなければならないと思い込む→物事を前に進めたり、感情を交換するという本来のコミュニケーションの目的とは違う自分本位のやり取りが行われる→結果、コミュニケーションがうまく行かない

こんなサイクルが無意識のうちに回っていたことになる。

ただ、このサイクルに気づけたこれからは「自分が正しい」と証明したくなった時に立ち止まることができる。自分が正しいか、正しくないかはどうでも良いこと。相手と自分の為になる、本来のコミュニケーションを心掛けたい。

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookもチェック(いいね!をクリックするとFacebookでも更新状況が見られます)

          

このページの先頭へ